トップ > ブログ >  > コーチングを成功させる5つの方法

コーチングを成功させる5つの方法

2017.9.13 | 
  •  

コーチングを成功させる5つの方法

結果を出すためには、
コーチングは毎日しなければいけない
活動のひとつべきである……

本当にそう思っていますか。

リーダーのうち3人に1人は
「コーチングは時間がかかりすぎる」
と考えています。

…もしあなたが、私が全員の問題を解決しなきゃ!
と信じるあまり、チームの仕事に関与しすぎたり

業績評価に長時間かけすぎたりすれば、
たしかにそうなるでしょう。

本当のコーチングとは
周りの人が目標を達成し、スキルを磨き、

望まれる結果を生み出すために
「最適な方法を見つける助けになること」です。

「コーチングには、チームの生産性や効果性、
エンゲージメントを強化する力がある。」

こう信じているリーダーもいます。

そのようなリーダーは
仕事を完了してチームを開発するために、
毎日コーチングを行っています。

彼らこそが「コーチングにおけるリーダー」なのです。

コーチングでは、5つのことにフォーカスしましょう。

1.信頼を築く。

信頼がなければ、善意のコーチングも仇となります。
効果性の高いコーチは、チームメンバーに対して頻繁に、かつ正直に語りかけます。

高い信頼関係の仕事上の関係を築くために、
チームメンバーのことをよく知りましょう。

2.コーチングのパートナーシップを築く。
(両者がアカウンタビリティを持つ)

チームメンバーに対して、次のような期待値を設定しましょう。

・助けを求める。
・フィードバックに耳を傾ける。
・オープンで意味のあるフィードバックを与える。
・合意事項をフォローアップする。

効果的なコーチングは、全員まとめて出来るものではなく、
マンツーマンで実現するものです。

3.フィードバックを求める。

それぞれのチームメンバーに対する
最適なコーチングアプローチを学ぶための
フィードバックを求めなければ、
全員を喜ばせようとして無駄な時間を使うことになります。

あなた自身が自分を素晴らしいコーチだと思っても、
あなたの部下は「こんなコーチング時間の無駄だ」
と思っているかもしれません。

4.効果的に委任する。

求められる結果や、その他の要素
(範囲、期間、リソース、意思決定者、内部事情…etc.)を
明確に伝えることで、
問題やタスク(”何” がなされるべきか)を委任しましょう。

そうすれば、委任されたチームは、
彼らの専門性を使って
最適なアクションを決定できるでしょう。

5.もっと質問する。

質問をすればするほど、
過剰に部下をコントロールしたり
意味のないアドバイスをしてしまうリスクが減ります。

また、このような協力的な姿勢を見せることで、
あなたが相手の仕事に興味を持っていることを示せます。

優れたコーチは、常にコーチングしています。

そして、コーチングが自然と
毎日の活動に溶けこんで行くのです。

ケン・シェルトン
ケン・シェルトン

リーダーシップに関する出版を主な事業と30年以上して行う、エグゼクティブ・エクセレンス社の創業者 兼 編集長。
また、「エグゼクティブ・エクセレンス」「パーソナル・エクセレンス」の発行者でもある。

ケン・シェルトンの記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【GROWTH U】の最新記事をお届けします